イヌリンプラスは血糖値を下げるのに役立つ?その効果とは

イヌリンプラスは血糖値を下げるのに役立つ?その効果とは

一般的に空腹時の正常な血糖値99mg/dlとされています。
ですが食事をすると血糖値は上昇し、その後2時間ほどかけて空腹時の数値に戻っていきます
しかしこの間に何らかの理由によって血糖値がなかなか下がらず高い状態が続いてしまったり、食事をすると異常に数値が跳ね上がってしまうと体には様々な影響を及ぼし、疾患などの引き金になる可能性も高くなってしまいます。

食事の影響を受けやすいのが血糖値であり、血糖値のコントロールはまずは食事の管理がポイントとなります。
この他にも適度な運動を習慣づけることで血糖値のコントロールに役立てることができます。
ですが中には食事の管理や運動をしているのになかなか血糖値を下げることができないという人もいるのではないでしょうか。

そこで食事の管理や適度な運動に加えておすすめするのがルックルックのイヌリンプラスです。

血糖値のコントロールに効果を発揮するイヌリンプラスとは

血糖値のコントロールに効果を発揮するイヌリンプラスとは

イヌリンプラスは血糖値を下げるために食事制限をしたり、炭水化物を控えたりするのがなかなか難しい、辛いと感じている人におすすめのサプリメントです。

摂りすぎた糖質を分解するイヌリンプラス

イヌリンプラスを取り入れることで摂りすぎた糖質を体の中に溜め込まないようにすることができます。

というのも通常、摂りすぎた糖質は体の中で分解し吸収されてしまうのですが、イヌリンプラスの効果によって糖質を分解し、吸収を抑制する効果を得ることができます。
これによって余分な糖質を吸収しなくて済むようになることから血糖値を下げる効果を期待することができます。

イヌリンプラスを飲むだけで血糖値のコントロールが楽になる!

イヌリンプラスの一日の使用目安は6粒です。
一度に6粒飲んでも構いませんし、朝夕など一日2回に分けて飲むこともできます。
ただし糖質の吸収を穏やかにして血糖値の急上昇を防ぐためであれば食前食後などに飲む方がより効果を高めることができます。

サプリメントの中には粒が大きく飲みにくいタイプの錠剤もありますが、イヌリンプラスは特に飲みにくいと感じることはなく、毎日手軽に続けることができます。

血糖値を下げるイヌリンプラスにはどんな成分が含まれているのか?

血糖値を下げるイヌリンプラスにはどんな成分が含まれているのか?

これまで面倒だった血糖値のコントロールを楽にしてくれるイヌリンプラスにはどんな成分が含まれているのでしょうか。

イヌリンプラスには主に7種類の天然由来の成分が含まれており、そのどれもが血糖値のコントロールに役立てることができる成分です。

イヌリン

イヌリンはキク科の植物によって作られる多糖類の一種です。
多糖類ということは糖質ではないのかと気になる人もいるのではないでしょうか。

多糖類は糖質の最小単位の単糖が多数結合したものであり、この場合イヌリンを摂取しても人間の体にはイヌリンを分解する酵素がないことから、体内ではほとんど吸収されることなく体外に排出されます。
イヌリンは多糖類ですが、分類は水溶性食物繊維であり、腸内で分解されるとオリゴ糖になります。

イヌリンプラスには長野県産の無農薬栽培菊芋由来のイヌリンが配合されています。

ナットウキナーゼ

日本古来の発酵食品の代表的な存在と言えば納豆です。
そしてこの納豆に含まれているのがナットウキナーゼです。
ナットウキナーゼは納豆の原料である大豆が発酵する過程で生まれる成分であり、水溶性食物繊維を豊富に含んでいます。

また水溶性食物繊維の他にも必須アミノ酸ビタミンミネラルなども豊富に含んでいます。

玉ねぎ

玉ねぎが血糖値のコントロールに効果を発揮するというのがテレビなどでも取り上げられ、知っているという人も多いのではないでしょうか。

イヌリンプラスには北海道産のストロング系玉ねぎが100%使用されており、玉ねぎに含まれているイソアリインという低糖サポートに注目しています。
玉ねぎのみじん切りをしていると涙が出てくる、目にしみるというのはイソアリインによるものであり、このイソアリインがより強い品種を選んで取り入れています。

またイソアリインは水に溶ける性質を持っていることからイヌリンプラスでは特殊な抽出法によってしっかりと成分を取り込むことができる工夫を行っています。

ビフィズス菌

イヌリンプラスの一日の摂取目安となっている6粒には約30億個のビフィズス菌が含まれています。
腸内環境を保つために必要不可欠な善玉菌の一つであるビフィズス菌年齢を重ねるごとに減少していく傾向にあり、乳製品などで補う必要がありますが、ヨーグルトやチーズなどから必要なビフィズス菌を毎日摂取するというのは難しいものです。
イヌリンプラスなら手軽にビフィズス菌を補うことができ、腸内環境を整えて血糖値のコントロールに役立てることができます。

2種類のハーブ

イヌリンプラスにはサラシア桑葉の2種類のハーブが配合されています。

サラシアの効果

サラシアは亜熱帯地域に分布しているツル性の植物であり、インドやスリランカでは古くから注目されてきたハーブです。
サラシアに含まれているネオコタールという成分が腸内酵素の働きをブロックして糖質の吸収を抑制します。

桑葉の効果

青汁やお茶などにも広く使用されているのが桑葉です。
桑の果実はマルベリーとも呼ばれていて果実酒などにも使用されています。

桑葉に含まれているアザ糖類には食後の血糖値の上昇を抑制する作用が発見されており、血糖値のコントロールに役立てることができます。

イヌリンプラスに気になる点はある?取り入れる際の注意点は

イヌリンプラスに気になる点はある?取り入れる際の注意点は

イヌリンプラスは血糖値のコントロールに非常に高い効果を発揮するサプリメントとされていますが、中には気になる所がないか不安だという人もいるのではないでしょうか。

イヌリンプラスを取り入れることで考えられる副作用

基本的にイヌリンプラス天然由来の成分で作られていることから注意しなければいけない点などは報告されていません。
中にはイヌリンプラスを飲み始めてから、お腹がゆるくなったという人もいますが、水溶性食物繊維ビフィズス菌などの影響によるものであり、重大な気を付けるべき点ではないことがほとんどです。

ですが中には体調不良が続く体に合わないと感じるという人もいることから、問題があれば飲むのを中止してかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

イヌリンプラスはあくまでもサポートとして取り入れる

イヌリンナットウキナーゼなど血糖値のコントロールに役立てることができ、一日6粒を目安に取り入れることで血糖値を下げる効果を期待することができるのがイヌリンプラスですが、血糖値のコントロールの基本は食事の管理適度な運動です。

暴飲暴食をする、体を動かさないままイヌリンプラスを取り入れても血糖値が下がるのを実感することができない可能性が高いことから、あくまでもサポートとして取り入れるようにしましょう。

イヌリンプラスのまとめ

イヌリンプラスのまとめ

血糖値のコントロールに役立てることができるサプリメント、ルックルックのイヌリンプラスの効果や成分などについて紹介しました。

食事の管理適度な運動だけではなかなか効果を得ることができないという人や血糖値が気になるという人は是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

血糖値を下げるサプリおすすめランキング|効果と価格で比較した BEST3

血糖値を下げるサプリおすすめランキングBEST3

白井田七 白井田七(和漢の森)
中国では上薬とされている成分田七人参配合サプリ!

アラプラス糖ダウン(SBIアラプロモ) アラプラス糖ダウン(SBIアラプロモ)
【臨床試験済】独自成分アミノ酸ALAが糖の燃焼を促す!

わかめペプチド粒タイプ(理研ビタミン) わかめペプチド粒タイプ(理研ビタミン)
わかめペプチドのチカラで血糖を安定させる機能性表示食品

血糖値サプリおすすめランキング|効果と価格で比較した【総合】▼>>血糖値サプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<

血糖値を下げるドリンクおすすめランキング

白井田七。茶 白井田七。茶(和漢の森)
無農薬副作用なし話題の漢方茶!

おいしい青汁(森永製菓) おいしい青汁(森永製菓)
食後の血糖値が気になる方に!機能性表示食品

血糖値ドリンクおすすめランキング|効果と価格で比較した【総合】▼>>血糖値ドリンクの詳細情報はこちらから確認できます!<<

関連記事

サラシア100は誰におすすめの血糖値サプリ?

血糖値が気になる人におすすめの血糖値サプリ「サラシア100」

血糖値サプリとして大人気!サラシアプラスとは?

血糖値サプリとして大人気!サラシアプラスとは?

血糖値サプリの白井田七とはどんなサプリメント?

血糖値サプリの白井田七とはどんなサプリメント?

血糖値サプリの白井田七の飲み方や副作用などについて

血糖値サプリの白井田七の飲み方や気になる点などについて

血糖値のコントロールには「わかめペプチド粒タイプ」がおすすめ!

血糖値のコントロールには「わかめペプチド粒タイプ」がおすすめ!

血糖値ダウンしたい人に!血糖値サプリ「アラプラス糖ダウン」

血糖値ダウンしたい人に!血糖値サプリ「アラプラス糖ダウン」